スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/1報告「上関原発建設の現場から」

昨日2/1の「報告会:2/1上関原発建設の現場から」に参加されたみなさんありがとう
ございました。
上関かららんぼうさん、コンチ隼人さん、ありすさんが来てくれました。佐賀、佐世保、北九州とまわってこられて、希望に着いたときたいへんな大荷物でびっくりしました。
  
CIMG1423_dws350.jpg

みらい実行委員会からの報告のあと、らんぼうさんの祝島の話。カヤック隊が祝島の島民の方々へ時間をかけて寄り添ってきたことや、きれいな海の写真もたくさん見せてくれました。山口県庁前のハンストの話も聞けました。
CIMG1433_0_dws350.jpg
 
続いてカヤック隊のオアシス的存在のありすさんからの報告。
たくさんの厳しい現実や電力会社との衝突もあるけれど、カヤック隊は強い信念を持って行動しているのが伝わりました。ありすさんの撮られたカヤック隊の二匹のねこの写真が、「DAYS JAPAN」の表紙を飾ったこともあります。
CIMG1437_dws350.jpg
 
そして弱冠23歳のレゲエパフォーマー、コンチ隼人さんによるライヴ。原発とかには興味がなかったのに、カヤック隊に出会って生まれた曲「タヨウダヨ」、「Inna 上関」を披露。手拍子とコール&レスポンスでギター1本とジャンベだけにも関らず盛り上げてくれました。
CIMG1442_0_dws350.jpg

休憩をはさんで二人一組になってのワークショップ。時間がなく駆け足で終了してしまいましたが、参加者からは「なごやかな雰囲気で、原発のハナシだと思っていたのにほっとした」という嬉しい感想をいただきました。

おカネがなくて手作りとなってしまった交流会も、14人ほど参加して12時近くまで話しました。

いろんな人がいろんな形で活動している。認めあって、世代を越えて、主張を越えてつながっていけたら、世界は1ミリだって動かないと思っている人にも伝わるはず。そんな風に思えた夜でした。

 

 
スポンサーサイト

作品の紹介?

今回もいろいろと紹介します。


♪  プルサーマル 止めてやめての 大合唱

♪  モックス(MOX)も 核もいらない この国に

♪  プルトニウム 燃やせば残る 核のごみ

♪  九電さん 未来に残すな  核のゴミ

♪  太陽の   めぐみで暮らす エコがいい

             以上、環境共育を考える会


◆泣きっ面に ハチ
      しかめっ面に 貧乏神
             原子炉にプルサーマル

                     しらいわ


◆気をつけて  オール電化は  エコじゃない

◆薬品混じりの  温水が  海のいのちをブチ壊す

◆イカもハマチも  食べれない。
       サザエも ワカメも 元気がない。

                     Cozy


作品の紹介(短歌など)

【短歌】

◆パンドラの 箱を開けたる 心地のす

 プルサーマルの 始動の日には

            読み人知らず


【五行歌】

◆プルサーマルも 日本初!
 そんなに大好き
 日本初!
 佐賀牛さえも ドバイに持ち出し
 いざ、御用! 

            プルサ いややんママ 


他の作品もお待ちしております。(^◇^)



今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます!

 昨年、プルサーマル計画を止めたいという人々が集まり、この「みらい実行委員会」が結成されました。 そして、様々なイベントを通し、輪が広がっていきました。

 佐賀の皆さんとも繋がり、全国の皆さんとも連携することができました。

 残念ながら、玄海原発でのプルサーマルは開始されましたが、多くの人たちにプルサーマルの矛盾点や無計画性、危険性を伝えることが出来たと思います。

 今年も、こころ新たに、原点に返り、地道にこの問題を少しでも多くの人に伝える取り組みを進めて行きたいと思います。

 よろしくお願いします。



12/2 キャンドルナイト



12月2日。
玄海3号炉プルサーマル通常運転開始の夜。

いよいよ、この馬鹿げたプルサーマル計画が、
国の検査のお墨付きを得て、
始末に負えない使用済みMOX燃料を作り続けるのか~。
つらい現実です。

佐賀の呼びかけに呼応して、福岡でもキャンドルナイトを行いました。

核の火よりキャンドルの灯。



ここでは、ともに祈ったひと・・・8人でした。

やさしい火影を眺めてプルサーマルが止まる日をイメージしました。


世界からの賛同メッセージ

世界各地から届いた賛同メッセージを紹介します。


            <↓続きからご覧ください>

続きを読む »

管理人のつぶやき

たくさんの応援をいただき、感謝しております。

それと同時に、日本全国で 脱原発、反プルサーマルを訴えて行動している方がたくさんいらっしゃることに気付きます。

また、具体的な抗議行動を起こしてなくても、今の原子力政策に強い疑問を感じている団体、サークル、個人が、実にたくさん存在していることにも気付かされます。
 
様々な団体・個人が一斉に声を上げることによるパワーは、社会を動かす波動をつくる上で、とても大きな意味をもっている、と実感します。
また、希望を感じます。

しかしながら、その声はなかなか国政、行政、電力会社に届きません。
あたりまえのことを主張しているのに、それが受け入れられない。
そのことを 痛切に思い知りました。

政権交代が実現され、様々な変化が国政で起こっております。
にもかかわらず、原子力政策については、変化や改善がほとんど見られません。
昔の政治家や官僚たちがつくってきた路線をそのまま、硬直したまま
引き継いでいるだけです。相変わらず安全の議論は不十分で、
地元の理解・信頼を得ないままの見切り発車が続いていますが、政治家はこれに対してブレーキを踏んでくれません。

全国にいる同志のパワーに希望を感じると同時に、
原子力に関する国政のあり方に、変化の難しさを痛感する今日この頃です。


福岡・佐賀の政治家の方で、特に民主党関係の方(もちろん民主党に限りませんが) ぜひ九電本社前のテント村を見にきて、私たちの話を聞いてください。
巨大な組織に対し、身体をはって声をあげている私たちの声を
聞いてください。
それが政治家の仕事じゃありませんか?


これは、福岡・佐賀に限ったことではありません。
上関周辺の政治家の皆さんも、伊方、浜岡他、数々の原発関係地区の政治家の皆さんにも、住民の声を現地で聞いてくださるようお願いしたいです。
 
私たちは、政治家が原子力政策にブレーキを踏み、
ハンドルを切ってくれることを強く願っています。

                                管理人


テント村 11/9



テント村から      (報告: K林)

先ほど自宅に戻ってきて、書いてます。
デイサービスから母の発熱連絡がなかったらもう少し、
粘りたかったですが・・・・・・

入れ代わり立ち代わりいろんな方が訪問してくださいました。
佐賀から来られたご夫妻も応援してくださいました。

今日は、風が強くてやかんでお湯を沸かすのも火の元が
心配でしたね。 後の方も気をつけてくださいね~。
天気予報によると、明日、夕方からまとまった雨が降るようです。


★メッセージ寄せ書き、
 「プルサーマルいらなインコ」も可愛く変身!充実してきましたよ!



★風に揺れる「関西から愛をこめて」
パステルカラーの熱いバナー届きました♪



★新しく登場したバナー「チェルノブイリをくりかえすな」
バス通りに向かって力強く!




応援メッセージ(その2)

全国の皆様
たくさんのメッセージ、ほんとうにありがとうございます。


★「テント村」の皆さま、九州の反プルサーマルの皆様、
アイリーンです。
大変お疲れさま。「テント村」の熱気が伝わってきま~す。♪

(クリックで拡大します)


★九州の皆さんへ
皆さん本当に素晴らしいですね。輝いてます。
悪い奴らとは対照的です。私もそこに行って歌いたい~!!
心だけしか行くことが出来ませんが・・・、応援しています。
内藤新吾(静岡)

★福岡テント村の皆さん。佐賀のみなさん。
たくさんの写真みました。
寒くなっていく中、本当にご苦労様です。
上関も、どこもここも何でこんなに、普通のことが通っていかないんだろうと
ただ悔しくて悲しい思いです。
でも・・・応援しています!
心は家族みんなでエールを送っています。
愛媛新聞の、社説でも「国は大きな責任を負った」と
書かれています。あきらめないでいましょう。

鷲野宏・陽子・天音・瑞月 (愛媛)
http://www.tentsuki.asia/amato/


★大分からです。目の前に伊方、西に玄海、南に川内。
この上、上関に新規立地なんて許せません!
とにかく事故を起こす前に玄海の運転を止め、伊方・浜岡のプルサーマルを断念させる。今できる最大限のマシなことを目指し、それぞれの人が、それぞれの場で、もう一歩二歩と努めましょう!」
脱原発大分ネットワーク 大原洋子



(以下にも いただいたメッセージの一部をご紹介します。
お名前は控えます)

●とにかく、国の原子力政策を転換させなければなりません。
民主党を軸とする政権が本気で核兵器を廃絶する意思があるなら原子力利用は当面凍結し、エネルギー政策見直しと並行してまず下北核施設の停止と原発の縮小?廃止へ向かうべきだと考えて、意見提起をしています。
共に頑張りましょう。
●今日現在、大事故が起きないように、そして、このプルサーマル計画が絶えるようにと、願うことしかできず、願っています。

●島根原発も目論んでいますから、人事ではありません。

● 悔しいです。テント村に一度は顔を出します。プルサーマル稼動のニュース、テレビでも何度か報道されていましたね。。残念です。
でも、まだ試験運転。本格稼動まで猶予がありますね。
継続こそ力となり大きく広がるものと思います。
友達のご実家は、玄海原発の60km内にあります。
自分は東京在住ですが、ひとごとではない、と改めて感じました。
これからも、自分にできることをやっていきたいと思います。

●起動したとのニュースは残念でたまりません。でも、決してあきらめることなく、止めるまでがんばりましょう。

● 九州の皆さんの活躍には、いつも励まされています。皆様によろしくお伝えください。世の中おかしな事だらけですが、仲間が着実に増えている事を感じます。これからもおかしな事には声をあげていきたいと思います。
動いてくださってありがとう!!
佐賀のみなさんにお任せで申し訳ないです。
早急に止めなければならない状況がきっと起こりますように!

● できるだけ電気を使わない生活をすることも大切です。
放射能、二酸化炭素など負の遺産を残さないために
電気漬けの生活から脱却したいと思います。
あきらめないで、持続可能な社会=いつでも、どこでも、みんながずぅーっと幸せな社会を創りあげましょう!!

● 理不尽と偽りに固められた いのちへの背徳は、やはり崩れさるのが自然の理と思っています。
共に直接行動をすることは叶いませんが、エールを送りつつ、担った役割を果たしていくつもりです。お働きに感謝です。
どうぞよろしくお願いします。

●ブログやニュースで状況をチェックしています。
厳しい状況ではありますが、必ず皆が望む未来が訪れると信じています。
みなさん方の熱い思いに心うたれました。私もできる限りうごいていきたいと思っています。笑顔をわすれずに。。。

●大変なことになりました、今日はニュースで事実上運転開始という扱いで報道されており、続けて六ヶ所村から千葉方面への高速道路上で、高レベル放射能廃液を積んだワゴン車が追突も報道されました。
短い間に735団体もの賛同が集まる国民の反対の意思と、裏腹な
現実。
無茶な事をしている…、具合が悪くなりそうな、本当にいのちの危機感があります。
めげずに、つながって、元気な声を掛け合って活動をしていきたいと思います。
本当にご苦労様です。九電前行動、どうぞお元気でがんばってください。
何かあれば、いつでも声をおかけくださいね。

●鹿児島では川内3号機増設が山場になりつつあります。
徹底的にやります。宜しくお願いします。
プル、増設、第3原発、九電の狂ったような動きにたいして、共にふるさとを守り抜きましょう。

●みなさま本当におつかれさまです。 力強い愛を伴った行動に、心から感謝申し上げます。これ以上いのちのつながりを断ち切るような、愚行を繰り返してはならないと強く思います。プルサーマル中止を求める要望に、賛同いたします。

わたしたちはすでに本当のゆたかさが何なのか、実は知っているのだと思います。
それは、この原子力にまつわるすべての事業に携わっているひとも含めてです。
けれどもそれがかき消されてしまうくらいに、実際大きな不安の中で進めているに違いない、さらに中止することに対しては、既存の価値観を手放さなければならないという、
経済性に由来するエゴとはまた別の次元でとてつもなく大きな恐れを持っているのだと私は思っています。
価値観をシフトしなくてはならないときが、もうずいぶん前からきていました。
わたしたち一人ひとりがすべてのいのちのつながりを思い出し、みんなのなかでその尊さへの思いが循環し、それが大きなうねりとなるよう、
祈りを深めるとともに、微力ながらできることをこちらでもさせていただきたいと思います。

●北海道から応援します。頑張りましょう。
同じ保育園に子どもを預ける親同士が中心となってつくったグループで、
きっかけは六ヶ所村の再処理工場でした。
こどもが健康にのびのびと育つことの出来る環境は、
わたしたち大人が切実に求めているものでもあるはずです。
たとえ物質的に貧しくとも、不便を強いられても、
いのちが健全にうけつがれていくことに比べれば何ということはありません。
目の前で無邪気に笑うこどもたちを見ていると、そのことを心から実感させられます。
そして私個人が今、新たにいのちを授かった身であることからも、
これからの生き方に本当に責任を持たなければならないと考えさせられます。

●あきらめず これからも がんばってください
微力ながら人類の気づきのために賛同させていただきたいのですが宜しくお願いします

●あなた方の活動が私たちに勇気を与えてくれています。
あきらめずに取り組みましょう。無駄なことは何一つありません。

●寒い中の抗議活動ご苦労様です。千葉より




応援メッセージを紹介します♪

たくさんの応援メッセージが届いています。
みなさん ありがとうございます。

メッセージの一部をご紹介させていただきます。
(あくまで一部です。 ご了承ください)


●賛同します. 必ず止めねば!
●玄海原発プルサーマル中止要望書に賛同いたします。がんばってください。
●最後まであきらめずに頑張っている九州の皆様に敬服いたします。
なんとか止めるためのチャンスを見いだせればと思います。
● 地元で日々がんばってくださっている皆さまに感謝しています。ありがとうございます。
● こちらも柏崎刈羽6号機が営業運転直前ですが、最後まで停止を追求しています。とことんやり抜きましょう!
●停めます、わたくしたちの世代で。かならず。
 たいせつな動き、ありがとうございます。
● 福岡のみなさん、その後も諦めず粘り強く頑張っておられて、勇気づけられます。なかなか身動きとれず、歯がゆくも思いますが、自分にできる事で、精一杯諦めない思いを伝えられたらと思います。本格的な冬がやって来たみたいなので、座り込みなどで風邪等ひかれませんように・・・
● 活発な動きをどうもありがとうございます。季節柄,どうかお身体には気を付けて活動なさって下さい。
● 北海道から取り急ぎ賛同します。あきらめず頑張りましょう。
● たいせつな動き、ありがとうございます。私たちは地元の緑地帯の保全を目的とした活動と合わせて、原発問題や再処理問題に取り組んできています。地元には原子力関連の施設がないため、残念ながら市民の関心が高いとは言えないのが現状ではありますが、そうであるからこそ息の長い取り組みを続けたいと考えております。
● 鳩山首相、小沢環境大臣、古川知事、眞部九電社長、坂井唐津市長、岸本玄海町長へすでに、45団体・個人を集め、4回、要望書を出しています。
● お疲れさまです。あきらめずに道を拓いていきましょう。
 私たちは、関西電力に対して、「メロックス社のMOX燃料製造には、不良率が高く、品質保証が保証できないこと」を追及をしています。
「関電に製造契約を破棄し、プルサーマル計画を撤回するよう」運動を続けています。やはり、ウラン、プルトニウムの混合燃料の製造は、難しいことが明らかとなってきました。がんばりましょう。
● ご苦労さまです!とことん諦めないで頑張りましょう!! 
● 九電に抗議のファックスを入れました。
● あきらめない気持ちを込めて!
● 冨田貴史さんのブログでこの要望書のことを知りました。
遠く長野県からも賛同します。
人ごとではないのに、ほとんど現地のみなさんにばかり頼ってすみません。
仲間とプルサーマルのことを勉強しました。知れば知るほど必要のない計画です。自然、そして自分たち自身のいのちへの冒涜です。やめてもらわなくては。
● ぜひ あきらめずに がんばってください。
● 絶対に止めなければなりません。
● どうぞよろしくお願い致します。原発も基地もない平和な未来へ。
● 沖縄でも同様な事案が数多くあります。また、沖縄でも原子力発電所導入の動きがあり、他人事ではありません。連帯していきましょう。
● 熱心な活動に敬意を表します。本当にご苦労様です。何とかして九電のプルサーマル計画を断念させなければとの思いばかりで何も出来ませんが、賛同署名ぐらいはできますので是非加えてください。
● どうぞよろしくお願いします。ほんとうにご苦労様、ありがとうございます。
こんにちは。貴重な活動を、ありがとうございます。
大変な時かと思いますが、どうぞ、皆様の想いがしっかりと実るよう、かげながらで申し訳ないですが、応援させていただきます。どうぞ、お身体ご自愛のうえ、ご活躍くださいませ。本当にありがとうございます。
● 活動応援してます!!
 頑張ってください。微力ながらご協力させて頂きます。
● 玄海原発プルサーマル中止要望書へ、強く賛同いたします。
絶対に許してはいけません。
微力ですが、お役に立てれば協力します。
● プルサーマル、なんとしてもやめさせたいです。よろしくお願いします。
●明日の要望書提出を控えてお忙しいと思いますが、私も賛同しますのでリストに追加をお願いします。
 明日みなさんとご一緒したい気持ちでいっぱいです!なにもできませんが光り輝く満月にお祈りしています。みんな一緒です!
いつも力になってくださってありがとうございます
● 宮城でも女川原発のプルサーマル導入へむけて、宮城県などが対話フォーラムなどを行って進めようとしています
なんとか止めるために、ともにがんばりましょう!
● 民主党を中心とした連立政権に政策転換を求める意見を届ける道筋がはっきりせず、要請行動がやりにくくなっているようですが、プルサーマルを中止させるまで頑張りましょう。
● 危険なプルサーマルで人体実験されないよう、兵庫からも応援しています。
● とても微力ですが、応援しています、がんばってください!!
● ご健闘に敬意を表します。
● 遅くなりました。遠くの地で何もできませんが、要望書に賛同します。
● プルサーマル、イカん!!
● 皆様の運動に敬意を表します。
● 原発は未来世代への負の遺産です、
地球の未来に希望をつなぎたいものが、手を染めてはならないものです。
今止めないと悔いを残すことは確実です、ともに頑張りましょう。
● 賛同の輪を広げましょう!
● 頑張っていきましょう!
● プルサーマルの中止を私たちも強く希望します
行動を起こしてくださってありがとうございます!!
● 粘り強く闘い、プルサーマルの中止を勝ち取りましょう。
私たちもぜひ玄海原発での使用はやめてもらいたいと思っていますので、趣旨に賛同します。ぜひとめましょう。きっととめられます!
先日、上関にも行ってきました。私は泡瀬干潟や辺野古の問題を通じて諫早や高尾山、八ッ場ダムなど環境問題からそして六カ所や浜岡、玄海、祝島などの原子力問題まで全国あちこちにある「大問題」を知る度にどこも仕組みは同じだと分かってきました。
一部の人が儲かる為だけに人口のより少ないところにイヤなモノを持って来て大金を投入して、地元の人間関係がボロボロになる。
そして未来に悪い遺産を残してしまう。
そんなバカげた事が御用学者などによって正当化されて今まで当たり前に続いてきたけどもうたくさんです!もう私たち一般市民が気づいてるんですから!「ダメなものはダメ!」
みんなで力を合わせて絶対に止めましょう!
これからもよろしくお願いします!
● 佐賀の方、毎日ごくろうさまです。ありがとうございます。
ぼくも上関に時折カヤック持って出掛けています。
 核のない明日のために共にがんばりましょう!
どうぞよろしくおねがいいたします。
● 核のない世界へ~
● よい方向へ進んでゆくと信じています◎
 がんばってください。ありがとうございます◎
● お互いあきらめることなくがんばっていきましょう!
● 神経を研ぎ澄まして訴えるわたしたちの思いは伝わっているのだろうかと、川内原発3号機反対の街宣活動をしながら、ふと不安になりますが、わたしたちもがんばります。



このメッセージは ここ3日くらいで集まったものの一部です。
(ご本人に掲載の承諾を得ていませんので、個人名や団体名などが記載されたメッセージはここには紹介しておりません)

3日で賛同を呼びかけたので、かなり日程的に無理がありましたが、それでも673団体に賛同いただきました。 また、個人で賛同したいという声もたくさんありました(今回は団体名だけ要請書に記載致しました)
短期間で全国からこんなにメッセージが届くのですから、同じように考えている人って、きっとたくさんいて、時間がなくてメッセージまで書けなかった人や、このブログを見てない人も含めると、ものすごい数になるではないかと思います。
きっと、原発やプルサーマルや再処理を推進している人間の数よりも、はるかに大勢の人が、私たちと同じ気持ちだと思います。

そんな人々とこれからもどんどん気持ちを共有して頑張っていきたいと思います。

すべては、みらいのために!!!!



映像:玄海原発プルサーマル計画について

冨田貴史さんが、「グリーンアクション」代表のアイリーン・美緒子・スミスさんに、「玄海原発プルサーマル計画について」というテーマでインタビューした映像です。
プルサーマルそのものを知らない人でもわかる基本的な内容でまとめられています。


【YOUTUBE】玄海原発プルサーマル計画について(アイリーン・美緒子・スミス)

撮影:2009年9月27日京都
MOX燃料装荷を目前に控える玄海原発プルサーマル計画についてのインタビュー。
世界各国のプルトニウム利用の現状、日本のエネルギー政策とプルサーマル計画の関係、佐賀県玄海原発プルサーマル 計画の問題点、などについて。
 






田中優さんのメッセージ


プルサーマルは「原発で使い終わった放射能をリサイクル
し、取り出したプルトニウムをウラン燃料に混ぜて使う」
と言うが、最初からウランを使ったほうがずっと安い。玄
海原発で使った後、燃料は再度処理すると言うが、処理す
る前に冷やす時間が百年以上。その間に混ぜるウランが枯
渇する。世界各国は自然エネルギーで雇用を増加させなが
ら電気料金も下げている。日本だけできないのはなぜだろ
う。子供じみたウソはもうやめよう。

田中 優
(未来バンク)


カクマクシャカ さんのメッセージ


まずは無知の知 から始める 今 気付かない振り
それがこの国 では無いと? 毒に侵される地
ここは地続き 歴史は続き しっぺ返し 襲う
今日、明日のこと 君の子や孫 後手になる程
降り注ぐ雨 ではない 放射能 今すぐ言うんだ
もうそれはNO       (「無知の知」より)

カクマクシャカ
(ミュージシャン)


枝廣淳子さんのメッセージ

温暖化問題の解決のためにも、もうすぐそこまで来ている
エネルギー危機の時代をしなやかに乗り切るためにも、い
ちばん大切なことは、自分たちで電力をはじめとするエネ
ルギーを作る力をつけていくこと。こまめに電気を消すこ
とはもちろん大事ですが、「そもそも電気を何で作るの?」
に切り込んでいかない限り、持続可能な社会は望めないと
思うからです。

枝廣淳子
(翻訳者・環境ジャーナリスト)



てんつくマン のメッセージ

この世にあるものは、1人1人の生活が産み落とした産物
だと思います。
大事なのは、僕らがどんなライフスタイルを選ぶのか?
YESという宣言をしながら、大きな声でNOという意思を伝
えましょう。

てんつくマン
(NGO「MAKE THE HEAVEN」代表)


鎌仲ひとみさんのメッセージ

矛盾だらけー余計なプルトニウムを持ってはいけないと国
際社会が決めているからプルサーマル、ではなぜ使い道の
ないプルトニウムを六ヶ所で作ろうとするのか?無責任―
出てくる使用済みプルサーマル燃料をどうするのか解らな
いのに危険があってもやってしまえなんて!
不経済―プルトニウムは今や純金の数十倍の費用がかかっ
ている。今回持ち込まれた燃料、139億6373万円。風や
地熱はただなのに。結局それを私たちが支払うのだ。賛成
する理由はどこにも見あたらない。

鎌仲ひとみ
(映像作家)

広瀬隆さんのメッセージ

「プルサーマルは若者の未来を奪う」

高濃度の原爆材料プルトニウムを大量に使うプルサーマル
計画は、暴走事故で九州を一瞬で地獄に変える無謀な人体
実験だ。住民は、一体どこへ逃げろというのか。しかも運
転後には、500年も地元で保管しなければならない超危険
な使用済みMOX燃料が玄海に残され、佐賀県と北九州が
「放射能の墓場」とみなされるようになる。こんなことを
強行すれば、若者がいなくなる。商店街、地場産業をあげ
て、一刻も早く計画を白紙撤回させよう。

広瀬隆
(作家・ジャーナリスト)


呼びかけ人メッセージ(小林栄子)


*強い信念と勇気を持って生きる人
*献身的な行動ができる人
*私利私欲が優先で小さな声を聴こうとしない人
*このちいさな惑星の中で昇りつめた傲慢な人間の姿

今、私は…
プルサーマルの反対の行動の中から多くを学んでいます。

小林 栄子
(くまもり福岡会員)
“愛は言葉ではなく行動である。”





呼びかけ人メッセージ(松原 学)

 私たち一人ひとりの今の生き方が明日の未来を創っています。
 そのことを謙虚に受け止めて、小さな一歩を踏み出そう。
 放射能に頼らない、太陽と水と風と大地に抱かれて。
 「がんばらない、けど、あきらめない」

 松原 学
   (環境共育を考える会・世話人)



参議院議員 川田龍平氏からのメッセージ

 原料のほとんどが輸入ウランでわずかなプルトニウムしか使わないプルサーマルは核のリサイクルではありません。六ヶ所再処理工場も約3兆円を使っても完成していません。もんじゅも失敗し、放射性廃棄物の最終処分場も決まっておらず、核廃棄物と借金という負の遺産を未来に残す計画です。
 今ある原発を段階的に削減し、無限で、安全な自然エネルギーに、現実的に予算を使ったほうが良いでしょう。子どもたちや未来へいのちをつなぎ、生きるって楽しいと思える日本へ、みなさんとともに頑張ります。動けば変わる。

参議院議員   川田龍平

 

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。