スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月10日、「おひとり様デモ」

4/10(日)14時から「おひとり様デモ」という抗議アクションを天神コア前でやってきました。

前夜に突然やろうと決めたので、とりいそぎチラシを印刷したけどマイクは用意できてなく、あるのはスネアドラムくらい。電気を使わず人力でもまあいいかと。

昨日は小さなお子さんを持つ母親たちの「ママは原発いりません福岡パレード」にも参加しましたが…誰かがやるのにのっかるのは楽(?)でいいんですけど、やっぱり自分のコトバで自分のリズムで行動をやりたいと思いまして。
それと東京や静岡で大きなデモがあるのに、こんな大きな都市で何も抗議行動がないというのは何だかな…と思ったのもひとつ。しかし、14時に天神コア前へ行くと、既に労働組合系団体が既にアピール中でした。やってんじゃん(笑)。

急遽作ったチラシを生まれたばかりの小鹿のように震えながら寂しく配っていたら、その後で友人知人10人くらいが応援に来てくれました。北九州からわざわざやってきてくれた友人までも(感謝)。
労組の方々が帰り支度を始められたので、応援に来てくれたNさんがマイクを借りてアピール。僕もマイクを借りて、なんちゃってラップでアピールしました。詞はこんな感じです。


 きみと一緒に過ごしたい
 大切なきみと過ごしたい
 無理なく平和に過ごしたい
 原発なしで暮らしたい

 電気は今あまっている
 深夜料金がその証拠
 火力発電でまにあってる
 原発なしで暮らしたい

 原発事故はロシアン・ルーレット
 誰かがあたるロシアン・ルーレット
 ガンにかかるロシアン・ルーレット
 原発なしで暮らしたい

 たかが電気で死にたかないね
 危険な電気で死にたかないね
 他のやりかたきっとあるはず
 原発なしで暮らしたい

 デンマークでは風力発電
 全部自給する島がある
 そんなやりかた日本にもあるはず
 原発なしで暮らしたい


労組のみなさんのアピールや横断幕は、いわゆる伝統的な「左翼スタイル」で(正直に告白すれば)街行く人の反応は薄い感じ。そこにカブリモノをかぶった僕が出てマイクでやってたら、それまでの反応がすこしばかり違ったように見えました。だって、それまで街行く人は労組のみなさんのアピールに対して特に何の反応もなかったけど、ラップやり始めたら写メを撮り始めたんですもの。

労組のみなさんが帰った後でも、マイクもなしで大声出してなんちゃってラップをスネアでリズムつけながらやってたので、さずがに疲れて16時に撤収しました。

もちろん、電力会社や日本政府の責任はとてつもなく重いです。だけど、それにちょっとばかり抗議活動を以前から「僕はやってきた」と言っても、何の言い訳にもなりません…。
逆に、原発政策に対して、何の圧力も与えてこなかったこと、これは黙って容認してきた「沈黙する大多数」と大して変わりなかったんじゃないか…そんな気がします。
それに、これまで僕の身近な人たちを反原発/脱原発運動に巻き込みきれなかった情けない気分も今も僕はずっと
抱えています。

もっとたくさんの人たちが路上に出てでれば、世論が動くのかもしれないのでしょうけど(妄想)まずはひとりの
意志から。そして意志があっても、やっぱり目に見える行動にならないと「声」にならないと思うんです。
黙っていては、今の、これまでの原発政策を容認していることと同じなのですから。

そんな自己正当化で身を固めて、おひとり様デモをやってきましたー。

※デモとは、「デモ行進」の道路を歩く表現スタイルだけではありません。デモとは示威行動で自分の想いを表現すれば、なんでもデモ。

11_0410tenjin5_dws390.jpg
  
 
  11_0410tenjin6_dws390.jpg 
 
 
スポンサーサイト

4月2日田中優さん講演会の報告

田中優さんの福岡での講演会、定員500名の席がほぼ埋まって立ち見が出るほど参加者に来ていただきました。
 
tanakayu01_dws380.jpg
   
  
まず最初に、今回の原発震災の前から玄海原発の危険なプルサーマル発電に疑問をとなえて活動してきたわたしたち「みらい実行委員会」からの活動をスライドで報告しました。
その後は、休憩時間もすっとばして約2時間、優さんのノンストップ・トーク。

今回の地震~友人からのリアルな写真による津波の被害、その福島原発への影響、放射線の基準、その危険性、その被害を受けないためには、地震保険のことなどなど。

↓詳しくはこちらの講演会録画をどうぞ。
http://www.ustream.tv/recorded/13766187


tanakayu02_dws380.jpg


「被曝による危険性は安全基準などでなく、発症確率でしかはかれない」原発事故は、まるでロシアン・ルーレット。リボルバー式拳銃に一発だけ弾丸をいれて、適当にシリンダーを回転させてから自分の頭に向け引き金を引くゲームです。
そのガンという名の弾丸を誰が引くかはわからない。被ばく量が増えればガンになる人の数は確実に増えます。被ばく量が少なければガンの発症率は低いが発症する人は必ずいる訳です。このゲームの恐ろしいところは、発症するのには5~10年以上かかるところ。。そんな銃が日本に、いや世界にばらまかれ、引き金をみんな引かなきゃいけない現実が今ここにあるのかもしれません。

しかし、優さんは危険性だけでなく、原発なしでもちゃーんと暮らせるエネルギー政策の話もちゃんとフォローしてくれるので希望が出るのです。

質疑応答の前に、「これからできること」を紹介。

1.脱原発を目指す人たちをつなぐ全国リーフレット「ヨンディニスタ!」の取り組み紹介。
2.脱原発ドキュメンタリー映画「クレイジー・エナジー(仮)」の紹介。
3.被災者支援の紹介。
4.福島から避難されてこられたUさんのトーク。

質問コーナーでは、たくさん手があがりましたが時間いっぱいで終了しました。用意していた本も完売。
来ていただいたみなさん、どうもありがとうございました。さて、優さんからもらった話を「次」につなげていきましょうね。

当日、みなさんからのいただいたアンケートも紹介していきますが…それはまた次回の更新で。
 
tanakayu03_dws380.jpg



10月18日:パレードの様子♪

講演会、ライブ、ワークショップなどの後、17:00から天神をパレードしました。大勢の人が見守る中、楽しくアピールできたと思います。
映像には映ってませんが、沿道では何人もの人が、ビラまきをやっています。
たくさんの方が参加して応援してくださいました。ありがとうございます。
 
 

 
 
 

どんなイベント?

■ このイベントの目的 ■

 今年の秋、佐賀県の玄海原子力発電所では、プルトニウムをウランと混ぜて出来たMOX燃料による発電(プルサーマル計画)が始められようとしています。MOX燃料のプルトニウムの量はこれまで使用されてきたウラン燃料の10倍があり、それが一気に核分裂を始めるという世界にも例のない計画です。電器事業連合会は、MOX燃料が搬入された九電、中部電力、四国電力を除く8社のプルサーマル計画見直し先送りすることを決めました。
世界の流れもまた、自然エネルギーへと大きく舵を転換してきています。しかし、この国の原子力政策は、各地(六ヶ所村再処理工場、伊方原発、上関原発など)の住民の不安に答えることなく進められてきています。中でも九州ではプルサーマル計画を真っ先にすすめようとしています。

この流れを止めるのはふつうの人たちしかいません。しかしながら、多くの人たちは、国や電力会社が流す偏った情報ばかりが届き当り前のように思わされてしまっています。

私たちが出来ることは、簡単です。ただ本当のことを周りの人たちに知らせるだけです。口コミで、分かりやすく、丁寧に、子どもたちや電力会社の人たちも含めたみんなの未来のために行動することです。
私たちは、10月3日の東京イベント、11日の上関イベントなど全国の人たちとつながりながら、10月18日に様々な人たちとつながって楽しく分かりやすいイベントを計画しようと思います。未来のエネルギーや暮らし方を真摯に考えるきっかけになり、誰もがどこで暮らしても安心して生活できるように、ぜひこの趣旨に賛同し共に動いて下さることを皆さんにお願いします。

今回のイベントはエネルギー問題を中心にしながら、あたらしい世界をつくるひとたちの情熱や、オルタナティブな方向をイメージする力、そして人の人のネットワークの力強さに触れることができるイベントにしようと企画しています。

 具体的には10月18日のなかで、アーティストを呼んだライヴや、講演や小さな複数のワークショップなどを、ラストには街中をパレードで繰り出します。
 新しい世界をつくるイベントをあなたも一緒に作っていきませんか?



■ イベントの内容  ■

2009.10.18(日)  


危険な原子力発電やプルサーマル計画よりも、もっとあるはず、
色んなでんきのカタチ。そんなカーニバルを作っていこう。


■講演会+ライヴ

ゲスト:小出裕章(京都大学助教)、藤田祐幸(物理学者)、
満岡聰(医師)、冨田貴史(ファシリテーター)、カクマクシャカ(アーティスト)

[会 場]  西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ6F

[参加費]一般   1,500円/ (当日 2,000円)
      高校生 1,000円/  (当日 1,500円)
      ※中学生以下無料
     ※半券提示の上、警固神社イベントにも出入り自由 

[内 容] 

午前の部
  
11:00~12:00  
「原発のいま~六ヶ所、上関、玄海で起きていること~」 
                 報告者:冨田貴史、満岡聰 


午後の部 
13:00~13:40  カクマクシャカ・ライヴ  
13:50~14:50(予定)  
             「あまりに愚かなプルサーマル」  講師:小出裕章  
15:00~16:30(予定)  
          「グッバイ・プルサーマル! 今、私たちにできること(仮)」 
           コーディネーター:藤田祐幸 
          パネラー:小出裕章、満岡聰、カクマクシャカ他


■上映会とトーク

[会 場] 警固神社1F
[参加費] 終日1・2F共通 \500(出入り自由)

[内 容]
13:00~14:00 「六ヶ所村を訪ねて」解説:江守昭彦
14:00~15:00 「誰のためのプルサーマル?」出演:広瀬隆
15:00~16:00 「原発労働者について」解説:冨田貴史


■写真展

[会 場]警固神社2F(12:00~16:00)
[参加費]終日1・2F共通 \500(出入り自由)

[内 容]

・豊崎博光 写真展とおはなし
 15:00~15:30 話:豊崎博光  紙芝居/作:桑迫賢太郎

・チェルノブイリ事故写真展(12:00~16:00)


■ワークショップ

[会 場]警固神社2F
[参加費]終日1・2F共通 \500(出入り自由)

[内 容]
10:00~12:00
ドリームキャッチャー&楽器作り1部&紙芝居

13:00~15:00
ドリームキャッチャー&楽器作り2部
&冨田貴史ワークショップ

12:00~12:30
福岡市原爆被爆者の会  語り部・吉崎幸恵

※ワーク・ショップ準備のため、ビール(ジュース)の
 王冠(フタ)を集めてます。ご協力くださいー。


■パレード

[集 合]  警固公園
[参加費]  無料

[内 容]  17:00 警固公園集合~アピール、演奏
        17:30 出発(天神1周→九電前→公園戻り)

※プラカード、着ぐるみ、仮装、太鼓、ジャンベ、
 管楽器…など参加大歓迎!





■ 主催者  ■

みらい実行委員会


  

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。