スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/21イベント「みつばちのキャンドルナイト」

1221flyer1C.jpg


  み┃つ┃ば┃ち┃の┃
  キ┃ャ┃ン┃ド┃ル┃ナ┃イ┃ト┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛


アカリズムのキャンドルに照らされながら、エネルギーと環境問題を
テーマに、アカリズムさんと養蜂家の吉森康隆さんとの対談(演奏も
あります)イベントです。

日 時:12月21日(金)夕方16時〜19時
   (トーク16時〜/ 軽食18時〜19時)
会 場:kwホール(早良区飯倉バス停から徒歩5分・詳細は問合を)
参加費:大人1人=1500円(演奏+軽食付き)/親子=2000円/こども
   (3歳〜小学生)=500円
問い合わせ/申し込み:たんぽぽとりで 092-834-8895
      tampop@wmail.plala.or.jp
     (表題に【みつばちキャンドルナイト:予約】と要記載)

▼養蜂家・吉森康隆さん
唐津市七山村在住。1992年から、台風でなぎ倒された一万坪の荒地を
買い取り、1本ずつ植樹する「ミツバチの森づくり」をはじめる。
やがて植林された木々は森に。2004年植林家ポールコールマンが訪ね
て感動したという森である。国際養蜂会議などに参加して、世界の養
蜂家とネットワークを築きながら、「玄海プルサーマル裁判」などを
中心に環境保護活動を続ける。また、アイリッシュ・ギター(ブズー
キ)の弾き手/歌い手でもある。当日はストリートミュージシャン田
中由美子さんとアンプラグドセッションをおこなう。

▼キャンドル作家akarizm(アカリズム)
大地を微生物や虫が豊かにし、植物が根を張り、雨と太陽の力で育ち、
花を咲かせる。ミツバチが飛んで花々から蜜を集め、蜜蝋を作りだす。
そのロウに火を灯して、闇を照らすアカリを得る。自然の恵みが詰ま
ったほんのりと甘い香りのするミツロウを溶かして、新しい形にして
皆さんの元にお届けします。ミツロウキャンドルの企画・制作・販売
(卸&イベントブース出店)と手作りワークショップなどを行ってい
ます。http://www.akarizm.com/

▼NPO法人たんぽぽとりで
チェルノブイリ原発事故をきっかけに結成された市民グループ。原子
力に依存する多消費型の生活を問い直し、具体的な解決方法の一つと
して、省エネルギー技術や、自然エネルギー普及のためにスタディー
ツアーや公共的施設に太陽光発電所の設置事業などをてがける。
http://pub.ne.jp/tampopotoride/

スポンサーサイト

129flyeromote.jpg


脱原発キャンドル・ウォーク

あなたが照らす、核なき未来 

12月9日(日)

17:30集会開始(脱原発トーク)

18:00ウォーク出発


場所:須崎公園 福岡市中央区天神5丁目2
地図:http://tinyurl.com/cljpyd2
関連:http://bye-nukes.com/fukuoka
主 催: 脱原発クルーズ「ピース&グリーン ボート2012」
協 賛:さよなら原発!福岡
連絡先:080-6420-6211(青柳・九電本店前ひろば)

☆☆メッセージ☆☆

 2011年のフクシマ原発事故を前後して、世界のあらゆる国々が
原発のないエネルギー政策に舵を切っています。
しかし、事故当事国である日本では、政府からの明確な脱原発宣言
はまだ…という皮肉な状態のままです。
 2012年の夏は(1年のなかで一番消費電力が高い季節)「原発な
し」で電力は足りました。特に、九州では、原発は1基も動いていま
せん。フクシマ原発事故処理も補償も終わっていないのに、それで
も再稼動させようとする政府に対して、日本全国で抗議アクション
が数十万人単位で拡がっています。
 わたしたちの希望の火は、消すことなんて出来はしないのです。
例えば、階級制度が違うという理由で、同じ道を歩いていただけで、
殺傷することが許されていた時代が日本にもありました。今考えれ
ば「なんてヒドイ時代だったんだろうな」と首をかしげる方もいる
かもしれません。原発を過去のモノにするために、原発も核もない
未来を、あなたも一緒に照らしだしませんか。
「不思議だなぁ。どうしてあんなバカバカしい時代があったんだろ
う?」と、未来であなたと一緒に、笑って迎えられるように。

☆☆共同アクション☆☆
2011年11月に開催された「さよなら原発・福岡1万人集会」では、
1万5千人もの九州各地から集まった人々が福岡市内に「原発反対」
の声を届けました。今回の12.9キャンドル・ウォークは、この
「さよなら原発」の大きな流れを汲むかたちで、企画しています。
また今回、ここ福岡・博多が国際交流NGOピースボートがコーデ
ィネートする脱原発クルーズ「PEACE&GREEN BOAT2012」の帰
港地でもあり、クルーズ参加者と九州の皆さんとの共同アクショ
ンの場となります。

☆☆脱原発クルーズ「PEACE&GREEN BOAT2012」とは☆☆
「PEACE&GREEN BOAT2012」は、「平和で持続可能なアジアの
未来」をめざして、NGOピースボートと韓国のNPO「環境財団」が
共同でコーディネートする船旅です。2005年8月の初航海以来、こ
れまでに4回出航。日本と韓国からそれぞれほぼ同数の参加者がひ
とつの船で東アジア各地をめぐり、寄港地での交流プログラムや船
内生活を共にしました。アジアの歴史認識、環境問題、文化や社会
をコリアの人たちと一緒に考えて体験する、“日韓共同”の船旅です。
5回目となる今回の航海では、国境を越えた課題である「脱原発」を
メインテーマとし、博多発着で釜山・那覇・敦賀を巡ります。釜山
や敦賀、博多(佐賀・玄海原発)では原発を視察したり、立地地域
の人々の話を聞くプログラムなどを行います。米軍基地が集中する
沖縄では、原発に共通する課題として、日本政府と地方の関係につ
いて語り合います。船内でも鎌田慧さんや田中優さんといったゲス
トの方々にご乗船いただき、活発な意見交換会なども行われます。
そんな9日間の航海を終え、12月9日に博多に帰航します。
この脱原発クルーズ「PEACE&GREEN BOAT2012」に参加した日
韓の人々と共に、博多の街をキャンドルで照らしましょう。


☆☆おねがい☆☆
いろいろな方が「原発を止めたい」という気持ちをひとつにして
集まります。道行く人達にメッセージをより伝えていくために、
「反原発・脱原発」というテーマの旗、のぼり、プラカードなど
を是非ご持参していただいて、みなさんの思い思いの言葉をのせ
てご参加ください。
 また、キャンドル・ウォークですので、ろうそく(風よけ必須)
や化学発光体などもご持参ください。
そして、私たちの気持ちを少しでも遠くへ届けるため、鈴、笛、
太鼓、金属片(フライパンやスチール缶等)などの鳴りものも是
非ご用意ください。


※衆議院選挙の公示後である12/9のキャンドル・ウォークでは、
選挙に関するプラカードや一定の候補者や政党に対するメッセ
ージ(誰それに一票をとかいう賛成も、逆に誰には入れるなと
いう反対も)は「公職選挙法」に触れます。
これに違反するとウォーク自体が中止させられる可能性があり
ます。ご協力をよろしくお願いします。



脱原発キャンドル・ウォーク 賛同金のお願い☆☆
賛同金(カンパ)の振り込み方法
  1口500円(何口でも可)
郵便振替口座 01770-5-71599
加入者名:さよなら原発! 福岡
※通信欄に「キャンドル・ウォーク」とお願いします。
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0071599
※「九電本店前ひろば」で払込取扱票も準備しています。


129flyerura.jpg

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。