スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/1報告「上関原発建設の現場から」

昨日2/1の「報告会:2/1上関原発建設の現場から」に参加されたみなさんありがとう
ございました。
上関かららんぼうさん、コンチ隼人さん、ありすさんが来てくれました。佐賀、佐世保、北九州とまわってこられて、希望に着いたときたいへんな大荷物でびっくりしました。
  
CIMG1423_dws350.jpg

みらい実行委員会からの報告のあと、らんぼうさんの祝島の話。カヤック隊が祝島の島民の方々へ時間をかけて寄り添ってきたことや、きれいな海の写真もたくさん見せてくれました。山口県庁前のハンストの話も聞けました。
CIMG1433_0_dws350.jpg
 
続いてカヤック隊のオアシス的存在のありすさんからの報告。
たくさんの厳しい現実や電力会社との衝突もあるけれど、カヤック隊は強い信念を持って行動しているのが伝わりました。ありすさんの撮られたカヤック隊の二匹のねこの写真が、「DAYS JAPAN」の表紙を飾ったこともあります。
CIMG1437_dws350.jpg
 
そして弱冠23歳のレゲエパフォーマー、コンチ隼人さんによるライヴ。原発とかには興味がなかったのに、カヤック隊に出会って生まれた曲「タヨウダヨ」、「Inna 上関」を披露。手拍子とコール&レスポンスでギター1本とジャンベだけにも関らず盛り上げてくれました。
CIMG1442_0_dws350.jpg

休憩をはさんで二人一組になってのワークショップ。時間がなく駆け足で終了してしまいましたが、参加者からは「なごやかな雰囲気で、原発のハナシだと思っていたのにほっとした」という嬉しい感想をいただきました。

おカネがなくて手作りとなってしまった交流会も、14人ほど参加して12時近くまで話しました。

いろんな人がいろんな形で活動している。認めあって、世代を越えて、主張を越えてつながっていけたら、世界は1ミリだって動かないと思っている人にも伝わるはず。そんな風に思えた夜でした。

 

 

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。