スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドデモ裁判第2回公判12/26

20111031saiban.jpg

福岡サウンドデモ裁判 第2回公判

2011年12月26日(月)
午前10:30 事前アピール(裁判所前)
午前11:00 福岡地裁301号法廷です。

福岡地方裁判所
〒810-8653福岡市中央区城内1-1(地下鉄赤坂駅から徒歩5分)
Tel.092-781-3141
地図 http://bit.ly/qSdpTo



前回初公判は大人数の傍聴者のために、法廷に入れなかった人
も出てしまって…なんと原告なのに入れなかった人も! これ
にはムキーッと怒って抗議したおかげなのか、今度は福岡地方
裁判所で一番大きな301大法廷で行われます!

この裁判は、5月8日での脱原発サウンドデモが福岡中央署から
妨害された事件を争う国家賠償訴訟です。
トラックの荷台に音楽機材とDJを載せてデモをするという道路
使用許可申請をキッチリ出して許可書が出されていたにも関わ
らず、いざ出発しようとする時、交通課警官が目の前に立ちは
だかり「走らせることは出来ない」と妨害してデモ隊列を混乱
させたのです。
まず最初に、僕たちはこんな警察に対して「審査請求」という
形で法的なケンカに出たのですが、その「シカト」的な対応に
不服として踏み切ったのが、このサウンドデモ裁判なんです。

前回の初公判では僕が意見陳述をやった時、予告なしに写真パ
ネルも掲げたアピールだったので裁判長から中止されるかと思
ったのですが…意外にも意図を汲み取ってくれたのか、彼らは
きちんと静かに見守ってました。

今回も法廷内でのアピールがあり、古瀬かなこさんの渾身のメ
ッセージに期待したいと思います。


年末でド平日の月曜日の午前中ですが…大法廷なので、たくさ
ん参加していただいて、日本初の脱原発サウンドデモ裁判をみ
なさんでガンガン盛り上げて世論を作っていきたいと思ってい
ます。


誰でも路上で声をあげる権利を

この手に取りかえすために。

原子力発電という暴力装置に

嫌だという声をあげるために。


PS
同じ12/26日15時から、玄海プルサーマル裁判が主体での
九州電力交渉があります。参加される方は
原豊典さん(hara@kbe.biglobe.ne.jp)連絡いただけたら人数
把握できるので助かります。こちらもよろしくお願いします!

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。