スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら原発! 11.11福岡集会

1111flyer1omote.jpg


さよなら原発! 11.11福岡集会


日 時:11月11日(日)
    14:00 集会開始
    15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園(福岡市博多区上川端町7) 
主 催:さよなら原発! 11.11福岡集会実行委員会
連絡先:080-6420-6211(青柳・九電本店前ひろば)
H P :http://bye-nukes.com/fukuoka




ドン・キホーテ─それは『騎士道物語』を読みふける余り
自らを伝説の騎士と思い込んだ主人公が、遍歴の旅に出る
物語です。現実と空想の世界の区別がつかず、風車に立ち
向かうドン・キホーテの滑稽な姿は、日本政府や原発推進
派の人たちから見れば、「今すぐ原発をなくしたい」と叫
ぶ私たちと、似ているのかもしれません。

 ヒロシマとナガサキに原爆が落とされて、たった10年し
か経ってない時代に、原子力政策はアメリカの圧力で日本
政府の中心から、着々と進められてきました。そうやって、
政府と企業は「もう後戻りはできない」かのように、半世
紀にかけて作られた原発産業は大きくそびえ立っています。
 しかし、2012年の夏は、1年のなかで一番消費電力が高
くても「原発なし」で電力は足りたのです。特に、九州で
は、原発は1機も動いていません。それでも、フクシマ原
発事故処理も補償も終わっていないのに、再稼動させよう
とする政府に対して、日本全国で抗議アクションが数十万
人単位で拡がっています。今回の11月11日脱原発デモは、
そうした全国の統一アクション(首都圏反原発連合からの
呼びかけに応じるもの)での流れも汲んでいます。

 フクシマ原発事故以来、傷を負ってしまった人たち、人
生を狂わされた人たちへ。ドン・キホーテが突進した伝説
の巨人(風車)のように、原発を支える構造は巨大なもの
です。国民の90%が「原発ゼロ」を願っているのに、事故
前と同じ体質の原子力規制委員会が作られたり、原発の新
設が止まらないこと。そうやって、少しも良く変わらない
ように感じる失望も、逆に信じていきたい希望も、すべて
飲みこんだ後に出てくるもの…そこで沸きあがってくる声
を、11月11日の路上で一緒に聴いてみませんか?


コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。