スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人のつぶやき

たくさんの応援をいただき、感謝しております。

それと同時に、日本全国で 脱原発、反プルサーマルを訴えて行動している方がたくさんいらっしゃることに気付きます。

また、具体的な抗議行動を起こしてなくても、今の原子力政策に強い疑問を感じている団体、サークル、個人が、実にたくさん存在していることにも気付かされます。
 
様々な団体・個人が一斉に声を上げることによるパワーは、社会を動かす波動をつくる上で、とても大きな意味をもっている、と実感します。
また、希望を感じます。

しかしながら、その声はなかなか国政、行政、電力会社に届きません。
あたりまえのことを主張しているのに、それが受け入れられない。
そのことを 痛切に思い知りました。

政権交代が実現され、様々な変化が国政で起こっております。
にもかかわらず、原子力政策については、変化や改善がほとんど見られません。
昔の政治家や官僚たちがつくってきた路線をそのまま、硬直したまま
引き継いでいるだけです。相変わらず安全の議論は不十分で、
地元の理解・信頼を得ないままの見切り発車が続いていますが、政治家はこれに対してブレーキを踏んでくれません。

全国にいる同志のパワーに希望を感じると同時に、
原子力に関する国政のあり方に、変化の難しさを痛感する今日この頃です。


福岡・佐賀の政治家の方で、特に民主党関係の方(もちろん民主党に限りませんが) ぜひ九電本社前のテント村を見にきて、私たちの話を聞いてください。
巨大な組織に対し、身体をはって声をあげている私たちの声を
聞いてください。
それが政治家の仕事じゃありませんか?


これは、福岡・佐賀に限ったことではありません。
上関周辺の政治家の皆さんも、伊方、浜岡他、数々の原発関係地区の政治家の皆さんにも、住民の声を現地で聞いてくださるようお願いしたいです。
 
私たちは、政治家が原子力政策にブレーキを踏み、
ハンドルを切ってくれることを強く願っています。

                                管理人


コメント

議員さんと話したいっすよね

とみたと申します。

議員さん、今の原子力をめぐる状況をもっと真剣に受け止めるべきと感じます。

特に再処理がとん挫し、上関で住民同士のぶつかり合いが激化し、今までに例がない規模でプルサーマルが始まろうとしている今、この問題と向き合わないということは、日本の、世界のこれからについて無関心を決め込むという意志を知らない間に示しているのだ、という事を分かった方がいいでしょう。

オーバーな表現のように感じる人もいるかもしれませんが、それぐらいの事が起こっています。

なぜ九州の人達が、この寒い中、わざわざ座り込みまでしているのでしょう。
なぜ体を張っているのでしょう。

そんなことをして何の意味があるのだろう、と思いますか?

それは、こんなことをせざるをえないところまで、行動の選択肢がなくなってしまったから、とも言えるのではないでしょうか。

玄海町、佐賀県、九電、原子力保安院、、、
あらゆる関係機関に、申し入れ、質問、要望、、アプローチをし続けました。

しかし、その中のいったい何人が、誠意のある対応をしてくれたでしょう。

いったいどれだけの人が、真剣に話を聞いてくれたでしょう。
真剣に対応してくれたでしょう。

権力とはこんなものなのか、、、と悲しくなるほど強引に、プルサーマル試運転は始まりました。

それでもあきらめずに、思いを行動にあらわし続ける人達の集う「テント村」です。

今の状況をおかしいと思うなら、まずは、お上の言う事に傾け続けてきた、その耳を、九電本社前に集う彼らの方に、向けるべきです。

この問題をどう捉えたらよいのか、何をしたらよいのか、分からないなら、まずは自分の耳のバランスをとることを、勧めます。

尚、原子力政策についての国会議員の考え方は、以下のサイトを見ると、とても参考になります。

エコ議員つうしんぼ:http://giintsushinbo.com/

座り込みテントの存在に感謝しています。

冨田 拝

NO TITLE

いま、下の情報を見ました。
みんな応援しているよー!
もし、たまたまこのサイトの、このコメント欄見て、行ける人がいたらよろしく!

[転載転送大歓迎]

福岡の九州電力本店前では、玄海原発でのプルサーマルの中止を求めて「テント
村」がつくられ泊まり込みも含めて抗議行動が続いています。連帯の意味を込め
て保安院、エネ庁が入っている経済産業省別館前でのアピール行動を企画しまし
た。12日午前11時30分集合です。急ですがご参集のほどよろしくお願いし
ます。

■玄海プルサーマル反対経済産業省別館前行動

◇11月12日(木)11:30〜12:30
◇経済産業省別館前(地下鉄霞ヶ関駅)
◇11時30分開始 12時15分ころ要望書提出(エネ庁原子力政策課)
◇呼びかけ/ストップ・ザ・もんじゅ東京/福島老朽原発を考える会

玄海原発でのプルサーマルの中止を求めて、経済産業省別館前で抗議アピール、
抗議・要望書を読み上げて渡すことをします。歌も歌いたいです。横断幕、プラ
カード、抗議・要望書など持って参加してください。

また当日午後は東電本社交渉があります。MOXのテーマもあります。こちらも
ご参加ください。

■東電本社交渉

◇11月12日(木)13:30〜18:00くらい
◇東新ビル1F 新橋駅から3分 東電本社から1分
◇テーマ
・昨年の安全フォーラム(中越沖地震)から
・ロッキング現象について
・中越沖地震上下動関連
・柏崎刈羽原発7号機燃料リーク事故
・メロックス社で製造中のMOX燃料について
・その他
◇主催 東京電力と共に脱原発をめざす会

阪上 武(福島老朽原発を考える会)

たまたま 行けそうです

たまたま、このサイトの、このコメント欄見て、経済産業省には間に合わないけど、13時半からの東電本社交渉には行けそうです。

なんせ、おのぼりさんなので、だれか、しってる人居たら、紹介していただけないでしょうか?今、検索してみたんですが、この情報を見つけられなかったので、よろしくです。

九州代表、がんばれー!

しらいわさん

DMで会えそうな人の情報送りました。

記事に 連絡先を追加しました。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。