スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テント村 撤収 11/12(木)

11月5日から開始した九電本社前でのテント村、
8日間続けましたが、11月12日をもって終了致しました。

最終日、18時からキャンドルに火を灯しました。


風が強かったのでローソクの火が消えやすかった。

マイクアピール、ギターでの替え歌・・・
また、最後に何人かで交互にマイクアピール。



8日間、
トラブルらしいトラブルもなく、ほっとしております。

全国からの励ましに感謝します。 

思い出せば、ちょうど テント村開始の11/5(木)、
午前11時、プルサーマルが運転開始されました。
全国46万人の署名を無視するプルサーマル、まさにそれを象徴するかの
ようなタイミングでの運転開始でした。

大勢の人が、無力感と、悔しさを感じた瞬間です。

でも、テント村では、すぐに笑顔と 熱い議論 が復活しました。

この8日間、 

◆テント村で語りあった のべ人数、約250人
◆テント村を見て、通行中に署名してくれた人、約100名
◆テント村周辺で 受け取ってくれたチラシの枚数、およそ1000枚

たくさんの人とつながることができたし、関心をもってくれる人が増えている
のを実感できたし、やってよかった、 とテント村のメンバーは口をそろえて
言ってます。
(泊りの人は、大変だったと思いますが)


さて
テント村は撤収ですが、街路樹にメッセージを残してきました。





私たちの気持ちが もっと多くの人に伝わって欲しいです。
  (紙は、TeamGoGo の新聞ですね)


以下、Iさん(みらい実行委員会)の感想から。

みんなでキャンドルを持ち寄り
時折吹く強い風のなか、小さなあかりを灯していた。

その、あかりの向こう側には九電の社員の人たちが玄関ロビーにでて
こちらの様子をじっとみている。

彼らだって、
ほんとうは思っている。プルサーマルはおかしいと、
ほんとうはいやだ。生命を脅かす核エネルギーを使うなんて、
ほんとうはしたくない。目先の利益のために未来を売り払うようなことを、

「ほんとうは、ぼくも、あなたとおなじなのです。」

わたしには、そんなふうに映った。

だから、わたしはあなたのほんとうを信じる。 
 (全文はこちら



コメント

みらいへ

お疲れ様という言葉を聴くと、どうしても終わってしまったような印象になるが、ENDではなくて一区切りREFRESH、ちょっとの休みエネルギー充填は必要です。まもなく、第2幕が始まりです。

「みらい」の平和が約束されたわけではないから・・・。

でも、委員会「みらい」は、テント村8日間によって強い絆に1本1本が結ばれてパワーアップしたことは間違いありません。

また、ブログが連なっていくように、新たな作戦新たな企画によって、目的に向かって1歩1歩進みましょう!

九電は、テントがなくなって、ホッとしたかも知れない。しかし、13日今日も立つ人が居た。もぐら叩きのもぐらのように、こっちかと思えば又あちらと、出てくるので、自分たちのやってることに自信が持てなくなってくるでしょう!そして、こっち側の身になって考えてみて、もう止めたくなったら内部告発でもいつでも待ってますよ、どうぞ!ヤー!

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。